シャンプーもノンシリコンのものに変えました

30代金になり、頭髪がゆっくり薄くなってきた気がしてきました。
根っから、頭髪の音量が多い側ではなかったし女性も頭髪が早く無いサイドなので遺伝もあるのかもしれません。20代金の位は気になりませんでした。

但し30代金になり成婚もして同居しての生活がほんとに重荷になり、そのせいだと思いますが、頭髪がグングン抜けていったのです。シャンプーをするときの頭髪が抜き取れる音量といったら半端ないです。
俺は病じゃないか?ほど常々ものすごい音量が抜き取れるのです。

30代金から育毛剤とか取り扱うのは何とか?といった悩んだのですが、とあるタイミング彼氏にも言われました。「あんた頭上酷いよ。」と。
本当に怪しいセリフだと思いました。自身が気になっていることを引き続きいう彼氏のことばに涙すら出てきました。

そうして育毛剤を使う精神をしました。毎日のシャンプー後に高所に泡の育毛剤を押し付け、もみこんでいました。
さすが、初めのうちはインパクトもなく、過ぎました。
シャンプーもノンシリコンのものに変えました。ともかく頭髪をいよいよ元に戻したいという意欲で一所懸命でした。

しばらくすると、やっと高所のあたりも頭髪がだんだんと生えてきたように思えました。元々頭髪は細長くてない側なので注意もいまいち諦める傍に育毛剤はつぎ込みました。
自身にとりまして高所が見苦しくないくらいに戻れば嬉しいという感覚でした。
その後も育毛剤はシャンプー後にどうしても使いました。

今では外に出ても恥ずかしくないほどになりましたが、重荷の硬いときは意外と外側に出向くのもイヤになるほどでした。

それほどにまで重荷は体調に大きな影響を与えるものだと実感しました。彼氏や彼氏家族に嫌味を言われることがいかほど気掛かりなのか思いだすだけでも悔しくなりました。ルネスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です