人間ドックで太りすぎ、高血圧といった診療され、健康の大切さを痛感しました。

 前年、人間ドックを受診し、太りすぎの高血圧といった来院されました。病院を受診することを勧められました。それでも、個々で何より高血圧の自身がいて、「血圧を押し下げる薬は、呑み始めたら引き続き飲まなくてはいけないよ」ので(のちに、そんなことはないと分かったのですが)、医者に1通年くらし立て直しを通じて、でも血圧が下がらなければ、医院を受診したいって対話し、了承してもらいました。高血圧を押し下げるためのありとあらゆる正式を読み漁りました。「これであなたの血圧はさがります!」などと、今考えると怪しい、何万円もするDVDを買ってみたり、ワラにもすがる狙いで、ありとあらゆる「血圧を引き下げるのにいいこと」をためしました。一種書き出してみます。散策・黒豆酢・昆布水・練り製品は塩が多いので食べない・インスタントフードを食べない・禁酒・ふく達はぎマッサージ・半身浴・腹式呼吸法など、正式を読んでこれがいいといえば努め、TVでこれがいいといえば宅配し・・・・。
 結果的に年間その後、20間隔のダイエットに成功し、血圧も円滑バリューになりました。(原則、太りすぎで血圧も高かったのででしょうか?)
 今となっては、案の定何がインパクトがあったのか分かりませんが、今でも続けているのは、ウオーキング(常々Ⅰ万歩を目標にしていらっしゃる)って、黒豆の酢漬けを毎食食する。そうして、炊事の際、塩の分量を少なくすることを、心がけていらっしゃる。塩をすくなくすると、成分の味がわかるようになり、あっさりした和食が中心になりました。
 健全は、意外と要所だと、こういう1年間で痛感しました。健康で、常々笑って暮すことが、幸せにつながると思います。そのためにも、手作業測定を怠らず、自分のボディーを大切に。かわいがりてあげましょう。フルーツ青汁の効果